買取ブランド
 
※ その他の作家やブランドについてはお問合せ下さい。

WEDGWOOD(ウェッジウッド)について

WEDGWOOD(ウェッジウッド)
「英国陶工の父」と呼ばれる天才ジョサイア・ウェッジウッドよってWEDGWOODは設立されました。彼は陶工の息子として生まれ、若い頃からその高い技術は評価されてきました。共同経営を経てBurslem(バーズレム)の工場を叔父から引き継ぎ、1759年に創業を開始しました。創業時は緑色の釉薬を使用した陶器が好調で、3年後の1762年に工場を移転して制作されたクリーム色の陶器は会社の代表作となりました。このエナメルを用いたクリームウェアはジョージ3世の妻であるシャーロット王妃に納められ、女王の陶器(クィーンズウェア)の名称を許可されました。このクィーンズウェアは世界の王侯貴族から愛され、ロシアのエカチェリーナ2世から1744年にフロッグ・サービスと呼ばれる陶磁器の注文を受注しています。
その後WEDGWOOD(ウェッジウッド)はBlack Basalt(ブラックバサルト)やJasper ware(ジャスパーウェア)、Bone China(ボーンチャイナ)など 精力的に制作活動を行いました。現在もWEDGWOOD(ウェッジウッド)の洗練された食器類は世界中で愛されています。
 
日本で人気のワイルドストロベリー、フロレンティーン、ジャスパーコンラン、クイーンオブハート、ローズゴールド、ウィートプラム、インディア、アレクダンドラ、スウィートプラム、コロンビアセージグリーン、フェスティビティ、バタフライブルーム、ユーランダー、ハーレクィーンコレクション、アストバリー、プシュケ、アスコット、カメオトロフィークレイなどWEDGWOODの作品は色彩豊かで多岐にわたります。

WEDGWOOD(ウェッジウッド)の作品紹介

「ワイルド ストロベリー」

2015年にワイルドストロベリーは生誕50周年を迎え、1965年に発表されたワイルドストロベリーですが、その可愛らしいイチゴにゴールドの装飾は現在も人気のロングセラー商品です。

「コロンビアセージグリーン」

こちらの作品に描かれているグリフィンは鷲の頭と翼とライオンの胴体を持つといわれる空想上の動物で、王家や知識の象徴、また黄金の守護者ともいわれています。金の装飾に淡いグリーン、そして力強いグリフィンがとても高貴な印象を与えてくれます。

「フロレンティーン・ターコイズ」

フロレンティーンは1874年に発表されたとても歴史あるパターンでグリフィンやドラゴンなど空想上の動物を鮮やかに描いています。淡く繊細なターコイズが美しくボーダー状のデザインが印象的でとても人気のある商品です。

「アスコット」

金彩の帯に描かれた花柄に気品がありとても高級感を与えてくれます。アスコットは1964年から1991年にかけて製造され現在は残念ながら廃盤となっています。

「カメオトロフィークレイ」

ジョサイア・ウェッジウッドとトーマス・ベントレーの名の称号をもつウェッジウッド&ベントレー コレクションです。このカメオトロフィークレイは斧、盾、矢の3種類のモチーフ描かれた戦いのカメオと金彩がが豪華に施され列柱、月桂樹など古典図形など使用した最上級の作品です。

「ユーランダー」

このユーランダーシリーズは1903年に米国大統領セオドア・ルーズベルト時代にホワイトハウス用の食器として特別に依頼を受けて制作されたデザインをもとに作られました。現在、新たにデザインされターコイズ、ブルー、ルビーなど鮮やかに仕上げ世界的に発売しました。まるで宝石の様に美しく輝くユーランダーシリーズは食卓に彩りを与えてくれます。

「アストバリー」

1764年にウェッジウッドの創始者であるジョサイア・ウェッジウッドがサラと結婚をした特別な地アストバリー。その地名より作られ、アストバリーブラックは22kのゴールドを贅沢に使い、8回の焼成を重ねて完成する正に最高級の作品です。
 
 

※WEDGWOOD(ウェッジウッド)の高価買取を致します。詳しくはお問合せ下さい。
高価買取中
買取の流れ
買取ブランド
お申込み