買取ブランド
 
※ その他の作家やブランドについてはお問合せ下さい。

盛永省治(もりながしょうじ)について

盛永省治(もりながしょうじ)
1976年に鹿児島県に生まれた盛永省治さんは学生時代に工業デザインなどを学び、大工を約2年間経験して、「FACTORY1202」で家具製作をしていました。その後独立をして、鹿児島県日置市に工房「Crate」を設立しました。作品の特徴ですが、木工旋盤で木を削って形を作るウッドターニングという技法で制作活動を行っています。もともと家具製作を専門にしていましたが、アメリカに行った時にビンテージ家具屋で彫刻やウッドボウルなどの木工品に衝撃を受け、独学でウッドボウルの制作を始めました。この時はアメリカで活躍している彫刻家Alma・Allen(アルマ・アレン)の作品にとても感銘を受けたそうです。
 
盛永省治さんは自然が生み出す木目を見極めて、その木目という表情を敏感に感じ取って作品を作っていきます。自然が作り出した木目と、卓越した技術によって美しく洗練されたフォルムに仕上げられたウッドボウルは正に芸術品です。近年ではガラス作家や陶芸作家などともコラボレーションしたり、制作活動の場を精力的に広げています。
 
 
 
※盛永省治(もりながしょうじ)の高価買取を致します。詳しくはお問合せ下さい。
高価買取中
買取の流れ
買取ブランド
お申込み