買取ブランド
 
※ その他の作家やブランドについてはお問合せ下さい。

marimekko(マリメッコ)について

marimekko(マリメッコ)
1951年に北欧のフィンランドでArmi Ratia (アルミ・ラティア) と夫のViljo Ratia (ヴィリオ) によって誕生したマリメッコ。社名の由来は「小さなマリーの為のドレス」といわれています。その一目みたら忘れる事が出来ない大胆でカラフルな色使いは今でも世界中の人々を魅了しています。日本でも人気のMaija Isola(マイヤ・イソラ)デザインで、ケシの花(ポピー)をモチーフにしたUNIKKO(ウニッコ)や、バラの花がポップに描かれているVihkiruusu(ヴィヒキルース)。またKaivo(カイヴォ)にRasymatto(ラシィマット)、Siirtolapuutarha(シイルトラプータルハ)、Tiara(ティアラ)など、どれも温かみのあるデザインが人気の理由です。
 
国際的に人気を集めるきっかけとなったのは、 1960 年のアメリカ大統領選において、ジョン・F・ケネディ候補の妻、ジャグリーン・ケネディがこの marimekkoのドレスを着ていた事で、アメリカでの人気が高まりました。現在はファッション、インテリア、ファブリック、食器類や雑貨類など幅広く展開し活躍を続けています。
 

marimekko(マリメッコ)デザイナー紹介 

Maija Isola(マイヤ・イソラ) 

1927年生まれでマリメッコの伝説のデザイナー。1964年にケシの花(ポピー)をモチーフにして生まれたUNIKKO(ウニッコ)がマリメッコそしてフィンランドデザイン界に大きな影響を与えました。このウニッコはのちに2012年に創業者アルミ・ラティア生誕100周年を記念してウニッコがデザインされた記念硬貨がフィンランドより発行されました。マイヤの若い頃はヘルシンキの芸術大学で勉強し、マリメッコで40年の長い間500以上の作品を残してきました。自由と旅を愛したマイヤイソラの作品は時代を超えてこれからも愛され続けられる事でしょう。 
(代表作) 
UNIKKO(ウニッコ)、VIHKIRUUSU(ヴィヒキルース) TUULIトゥーリ)、LOKKIロッキ)、MUIJA(ムイヤ)、KIVET(キヴェット)、KAIVO(カイヴォ) 

石本藤雄(いしもとふじお)

1941年に愛媛県伊予郡出身で、その後東京藝術大学美術学部工芸科を卒業しました。1974年にマリメッコのテキストデザイナーに就任してから2006年まで32年もの間、数多くの素晴らしい作品を生み出してきました。またアラビア社でも1989年から陶器のデザインをしていて、陶芸にも力を入れています。またカイフランク賞やフィンランド獅子勲章プロ・フィンランディア・メダル受勲など数多くの名誉ある賞を受賞をしてきました。今後も石本藤雄(いしもと・ふじお)さんの自然や四季を感じさせられる作品から目が離せません。 

Vuokko Eskolin-Nurmesniemi( ヴオッコ・エスコリン-ヌルメスニエミ) 

ヴオッコは1953年から1960年の間在籍し、多くの女性達に影響を与えてきました。特に彼女がデザインした力強く大胆なストライプを重ねたPICCOLO(ピッコロ)は当時の女性達の着こなしの先入観を打ち破りこれまでになかった新しいプリント方法を思いつきました。またこのPICCOLO(ピッコロ)で作られたシャツJOKAPOIKA(ヨカポイカ)は大流行しました。Vuokko Eskolin-Nurmesniemi ヴオッコ・エスコリン-ヌルメスニエミ)は現在のデザイナーにも大きく影響を与えています。 
(代表作) 
PICCOLO(ピッコロ)、NADJA(ナディア)、 PIRPUT PARPUT(ピルプトパルプト) 

Annika Rimala (アンニカ・リマラ) 

1936年生まれで子供服を担当していたAnnika Rimala (アンニカ・リマラ)は後にファッションデザインを任される事になります。1968年に幅広のボーダーのTASARAITAタサライタ)は大ブームとなりました。このTASARAITAタサライタ)のデザインは洋服だけでなく食器類や雑貨類などに取り入れられ、現在私達の生活に溶け込んでいます。 
(代表作) 
TASARAITA(タサライタ)、PIPPURIKERA(ピップリケラ )、PUKETTI(プケティ)、PALLOパッロ)、PAPAJO(パパヨ) 

Maija Louekari (マイヤ・ロウエカリ) 

1982年生まれのMaija Louekari (マイヤ・ロウエカリ)。マイヤはマリメッコ主催のデザインコンペ「University of Art and Design」で「HETKIA/MOMENTS」という作品でグランプリを受賞した、注目の若手デザイナーです。彼女がデザインしたLAPPULIISA(ラップリーサ)はとても衝撃的でした。LAPPULIISA(ラップリーサ)の日本語の意味は「交通監視員」で、マイヤ独自の視点でポップに仕上げられています。彼女の作風は繊細な線を描きながら作品を仕上げていくのが特徴で、今後、Maija Louekari (マイヤ・ロウエカリ)の活躍が楽しみです。 
(代表作) 
Hetkia/Moments(ヘトキア・モメンツ )、LAPPULIISA(ラップリーサ)、PUUTARHURIN PARHAAT(プータルフリン・パルハート)、RASYMATTO(ラシィマット)、 KAIKU(カイク)SIIRTOLAPUUTARHASIIRTOLAPUUTARHA(シールトラプータルハ) 

Sanna Annukka(サンナ・アンヌッカ) 

イギリス出身でフィンランド人の母を持つグラフィックデザイナーのSanna Annukka(サンナ・アンヌッカ)。彼女は幼少期からフィンランドの伝統や昔話、そして美しい森や湖などの自然の影響を受けました。アンデルセンの童話『もみの木』の絵本のイラストや、魚をモチーフとしたHAUKI(ハウキ)などが代表に挙げられます。

 

 

※marimekko(マリメッコ)の高価買取を致します。詳しくはお問合せ下さい。
高価買取中
買取の流れ
買取ブランド
お申込み