メンテナンス方法について
 
今はまだ売らずに、もうしばらく使ってから買取に出そう。または次のアイテムを入手してから買取に出そうと考えている方。査定額を少しでも高くするには状態が良い方がやはり有利です。ここではそのメンテナンス方法を紹介させていただきます。

食器類のメンテナンス

 

食器類のメンテナンス
 

「まずは目止めをしよう」

大きく分けて陶器と磁器があります。磁器類は「陶石」を砕いたものが原材料ですので吸水性がなく、色が移る心配がなく、特に気にする必要はありません。しかし陶器類は基本的に「土」を原材料としている為、吸水性があり、色移りやニオイが移ったりと少しお手入れに一工夫必要です。目止めをする事により土の粒子間の目が詰まり、水漏れや、色、ニオイ移り、カビやシミなどを防いでくれます。少し手間がかかりますがその分、独特の「味わい」が出てくるのが陶器の魅力です。是非とも実践してみて下さい。※(種類によっては目止めの必要がない場合がございますので、事前確認した方が好ましいでしょう。)
 
① まずは器を綺麗に洗って汚れを落としましょう。
② 次に鍋にお米のとぎ汁を器が隠れる程度入れて煮沸させます。(少し多めが良いでしょう。)
③ 沸騰したら火を弱火にして10分程煮て下さい。(複数の器を煮沸させる場合は、ぶつからない様に気を付けて下さい。)
④ 火を止めてそのまま自然に冷まします。(急に冷まさずにゆっくりと冷やして下さい。)
⑤ 冷めましたらヌメリを洗い流して、風通しの良い所でよく乾かします。
 

「使用する前に」

釉薬がかかっていない無釉の陶器(焼締め、粉引きなど)などは使用前に水に5分程浸して下さい。こうする事により汚れやニオイが付きにくくなり、使用後も洗いやすくなります。可能であれば使用する度に行うと効果的です。そして清潔な乾いた布なので拭いてご使用下さいませ。 ※ (磁気類は特に水に浸す必要はありません。)

「使用した後は」

まずは器がぶつからない様になるべく大きなスペースを確保して下さい。また使用後に吸水性のある器を長時間水につけておくと汚れを吸い取ったり、カビやシミの原因になるので、なるべく早く洗う事を心掛けて下さい。TVが終わったら、お風呂から上がってから洗おう、などついつい後回しになりがちなので気を付けましょう。そして洗う際の注意点ですが、大事な器は漂白剤や洗浄成分が強い洗剤は控えて、基本的には水かぬるま湯で柔らかいスポンジ等で慎重に手洗いして下さい。※(クレンザーなどの研磨剤が入っているものは表面を傷つけてしまうので注意が必要です。)

「保管」

洗い終わった後は風通しの良い所でしっかりと乾燥させましょう。特に高台や溝がある部分は水が溜まりやすいので注意して拭き上げて下さい。そして保管ですが、保管スペースが広ければ問題ないのですが、やはり一般家庭において、保管スペースが限られてくるかと思います。食器を重ねる時は柔らかい布や紙を挟んで重ねると傷がつきにくくなります。また崩れない様に出来る限りフラットで安定している場所を選び大切に保管してください。長期間保管する場合は、湿気がたまっていないか定期的に確認すると良いでしょう。保管場所ですが直射日光に長時間あてると色褪せてしまいますので直射日光の当たらないところが好ましいでしょう。

「その他の注意点」

使用可などの特定の表示がない場合は電子レンジやオーブンでの使用は避けて下さい。高熱により破損したり焦げたりしてしまいます。またアンティーク類などは、冷房や暖房などの傍は出来るだけ避けましょう。古いものですと気温の変化に敏感で傷んでしまいます。特にキッチンでは火の付近には近づけない様に注意してください。タバコなどの煙が出る付近にも注意が必要です。ニコチンの影響でシミやニオイが付いてしまいます。

銀(シルバー)メンテナンス

 

銀(シルバー)のメンテナンス
 

「銀(シルバー)製品の洗浄」

銀(シルバー)製品は変色しやすいので使用後はなるべく早めに洗って下さい。洗う際にタワシなど硬い素材でガシガシ洗わなければ特に注意する必要はありませんが、木や象牙などが一緒に使用されているナイフ、フォーク、ス プーンなどのカトラリー類は傷つける可能性がありますので少し注意して洗って下さい。

「銀(シルバー)製品の変色」

基本的には銀(シルバー)は綺麗に磨き大事に保管していても、しばらく時間が経つと黒く変色して、せっかくの美しい輝きが失ってしまいます。これは空気中の硫化水素や水分中の二酸化硫黄が化学反応をおこした「硫化」が原因です。久しぶりに使ってみようかなと思って取り出したシルバーが、真っ黒になっていても驚く必要はありません。慌てず黒ずんだ箇所をクリーニングしましょう。

「お手入れ方法」

定期的にお手入れしてあげると、その輝きを保つ事が可能です。お手入れ方法はさほど難しくないので簡単ではありますが紹介させていただきます。これでお気に入りのシルバーも安心して使用する事が出来るかと思います。
 
① シルバークロスで拭く
② 液体シルバークリーナーを使う
 
などが一般的なお手入れ方法で、①の「シルバークロスで拭く」のが最も簡単な方法かと思います。特に何も考えずに黒ずんだ部分をクロスで拭きピカピカの状態にもっていきます。細かい小キズ程度でしたらクロスで磨けば消えます。そして②の「液体シルバークリーナー」を使うですが、こちらは液に1~2分程度浸すだけで黒ずみが消える大変優れものです。液から取り出した後に軽く拭くだけシルバーが見違える様に輝きます。ただ少しコストが掛かるのと、あまり長時間液体に浸すと表面が酸で傷んでしまうので注意が必要です。
 
少し裏技的な事も紹介致します。
 
まずは塩と水とアルミホイルを用意して鍋に入れて下さい。その後にシルバーを入れて煮沸します。そうすると化学反応をおこし黒ずみが取れます。また専用のシルバー磨きがない場合で、とりあえず綺麗にしたいという方は歯磨き粉をご使用下さい。歯磨き粉には研磨成分が入っているので磨けば黒ずみが取れます。クレンザーと同様にあまり擦りすぎると傷が入ってしまうのでご注意ください。

木製作品メンテナンス

自然な木目が美しくもあり、楽しくもある木製製品は、私達の日常に当たり前の様に存在しています。ウッドボウル、ウッドプレート、木製のカトラリーなど見ているだけで心が温かくなり、「この木の皿にどんな料理を盛ろうか」など考えるだけでワクワクします。この様に心躍る木の製品ですが、やはり天然素材だからメンテナンスが難しそうと思う方もいると思います。ここでは木製作品のメンテナンスを紹介させていただきます。
 

木製作品のメンテナンス
 

「使用後は」

使用後は食器類と同様に洗剤で洗ってもらって大丈夫です。ただしタワシなどでゴシゴシ擦るのは木を傷つけてしまう注意して下さい。基本的にはあまり神経質にならなくても大丈夫です。洗い終わったらカビが生えないように、日陰で風通しの良い所に陰干ししておいて下さい。

「冷蔵庫と電子レンジはNG」

料理が残ってしまい、お皿の上からラップをして冷蔵庫に保存してしまう方は多いかと思います。温度の変化や乾燥でヒビが入ったりしてしまうので、大事な木の器なら冷蔵庫に入れるのは避けた方が無難です。また電子レンジの使用も基本的には「使用不可」です。急激な温度の上昇で木材の水分が膨張して割れてしまいます。

「古くなったらお手入れを」

お気に入りの木の器や木のカトラリーを長年使用していると表面がボロボロになってきます。特にスプーンなど口に入れる物でしたら「ささくれ」などが少し不快感を与えてしまいますし、小さいお子さんがいる方は口を怪我するのではないかと心配かと思います。こういう時はまず粗目のサンドペーパーで気になる部分を削って成形してきます。ある程度成形が終わったらオイルを木製製品に馴染ませ、細かい目のサンドペーパーで削って仕上げていきます。オイルはエゴマ油や胡桃油、またはオリーブオイルでも構いません。
 
サンドペーパーとオイルはどちらもホームセンターですぐに入手出来る物ですから、ぜひ一度お手入れに挑戦してみて下さい。定期的にお手入れする事によって長年使用する事ができて、木の特徴である味わいのある経年変化がお楽しみいただけます。

高価買取中
買取の流れ
買取ブランド
お申込み