買取ブランド
 
※ その他の作家やブランドについてはお問合せ下さい。

鹿児島睦(かごしままこと)について

鹿児島睦(かごしままこと)
1967年生まれで福岡を拠点とする人気陶芸家。若い頃に造形作家だった大好きな祖父の影響を受け、美術大学で陶芸を学んだ後にインテリア会社に勤務し、そこでディスプレイやマネージメントなどを担当しました。インテリア会社を退社後、2002年よりアトリエ『atelier de la paix』を構え精力的に活動しています。鹿児島睦さんの大きな魅力といえば、可愛らしい動物や華やかな草花などを色彩豊かにフリーハンドで描かれるところです。色鮮やかで、にぎやかな作品が多いのですが、料理を盛ってもその料理の邪魔をせず上手に料理と馴染むという不思議な魅力もあります。
 
現在は陶器だけでなく神社の絵馬や版画、またファブリックやハンカチ等の日常用品などの図案を提供し幅広く活躍しています。福岡で有名な神社で、学問の神様でお馴染みの太宰府天満宮の近くにある「竈門神社」の絵馬をデザインしたのはとても有名な話です。またスウェーデンの一流メーカー GUSTAVSBERG(グスタフスベリ)社のカップ&ソーサー、波佐見焼の花器や久留米絣や京都の唐紙など、様々な分野において精力的にコラボレーションしています。近年では個展を開催すると熱狂的な多くのファンが列をなし大変な盛り上がりをみせます。また日本のみならずアメリカやイギリスなどで個展を開催するほど人気が高まってきていて、世界中で多くのファンを魅了しています。独自の世界観で草花や動物などをモチーフに制作活動を行っている鹿児島睦さんの活躍から目が離せません。
 
 
 
※鹿児島睦(かごしままこと)の高価買取を致します。詳しくはお問合せ下さい。
高価買取中
買取の流れ
買取ブランド
お申込み