買取ブランド
 
※ その他の作家やブランドについてはお問合せ下さい。

石本藤雄(いしもとふじお)について

石本藤雄(いしもとふじお)
1941年に愛媛県伊予郡に生まれた石本藤雄さんは、1960年に東京藝術大学美術学部工芸科に入学して芸術を学びました。1970年、30歳の時に世界中を放浪した際にニューヨークで marimekko(マリメッコ)と運命的な出会いをします。その後フィンランドを訪れ、1974年に憧れであったmarimekko(マリメッコ)社に入社をしました。マリメッコのテキストデザイナーに就任してから定年退職の2006年まで、30年以上もの長い間、多くの作品を残してきて現在でも高い人気を誇ります。また陶芸の方ですが、Arabia(アラビア)社でも1989年から陶器のデザインをしていて、陶芸にも活躍の場を広げていきました。
数多くの名誉ある賞を受賞し、「カイフランク賞」や「フィンランド獅子勲章プロ・フィンランディア・メダル」受勲し、2011年には旭日小綬章も受章しています。
 
石本藤雄さんの作る世界観は美しい自然がテーマです。幼少期は愛媛県の広大な自然とみかん畑の中で過ごしてきた事が大きく影響しているのではないでしょうか。とても可愛らしい花がモチーフになった作品が多く、その他には果物などもモチーフになったものもあります。
 
2017年2月18日には郷里である愛媛県松山市にMUSTAKIVI(ムスタキビ)」がオープンしました。これは石本藤雄さんがプロデュースしたギャラリー&茶房で、愛媛の窯とコラボレーションした「砥部焼」の販売や地元で生産されたお茶を楽しめる和風喫茶が併設されています。マリメッコ、北欧デザインが好きな方にはたまらないアートスペースとなっています。文学と温泉、そして古い歴史のある松山城と共に是非とも立ち寄りたい新しい観光スポットになりそうです。
 
 
※石本藤雄(いしもとふじお)の高価買取を致します。詳しくはお問合せ下さい。
高価買取中
買取の流れ
買取ブランド
お申込み