買取ブランド
 
※ その他の作家やブランドについてはお問合せ下さい。

HEREND(ヘレンド)について

HEREND(ヘレンド)
1826年にハンガリーの小さな村ヘレンドで歴史がスタートしました。創業者はヴィンツェンツ・シュティングルで、高品質の磁器製造に向けて研究を重ね、それを継承したフィッシェル・モールがHEREND(ヘレンド)を発展させました。ハンガリーの貴族たちはマイセン窯やセーブル窯、ウィーン窯などの名作の修復をヘレンド窯に依頼し、それによってヘレンドの技術は高い水準に達し発展していきました。
高い技術を得たヘレンドは1842年にハンガリー議会は工場に対してハンガリーの国章の使用を許可しました、それにより帝室・王室御用達磁器製作所として登録しました。のちに「オーストリア帝室・ハンガリー王国御用達窯」として認められるまでになりました。また1851年のロンドン万国博覧会においてイギリスのヴィクトリア女王からディナーセットの注文を受けました。それがきっかけでヘレンドの名はヨーロッパ中に広がり、ますますその名声が高まる事となります。
 

HEREND(ヘレンド)作品紹介

 「ヴィクトリア」

上記にあるように1851年、イギリス大英帝国のヴィクトリア女王から認められ、注文を受けた蝶の舞う美しく鮮やかなデザインは「クイーン・ヴィクトリア」シリーズと呼ばれ大ブームしました。現在は「ヴィクトリア プレーン」、「ヴィクトリア ブーケ」、「ヴィクトリア アニバーサリー」など様々なバリエーションがあり、東洋の雰囲気を持つこちらのシリーズは今も続くヘレンドの定番商品となっています。

「インドの華」

1840年代より制作され柿右衛門の写しパターンとされるシリーズで、1867年のパリ万国博覧会でフランスのナポレオン3世皇妃であるウージェニに注文受けて注目される事になりました。後のアポニーシリーズの原型となったといわれるのがこのインドの華です。

「アポニー」

1860年後半にハンガリーのアポニー伯爵がヘレンドに急にディナーセットを注文した事で誕生したのがアポニーグリーンです。急な注文だった為に名作「インドの華」をアレンジして作られたといわれています。現在はアポニーは色々なカラーバリエーションが楽しめる定番シリーズとなりました。

「ウィーンのバラ」

元々オーストリアのウィーン窯(現在のアウガルテン窯)で製造されていたもので、1864年にウィーン窯が閉鎖する事となり、だけで使われていたといいます。ウィーン窯が一時閉鎖した時に皇帝フランツ・ヨーゼフの命によりウィーンのバラはヘレンドに受け継がれました。美しい一輪のバラのデザインはシンプルで高貴な佇まいをしています。

「プティットローズ」

小さめのバラを大胆に散りばめたプティットローズ。ハプスブルク家ゆかりのバラをモチーフにした可憐なで女性らしいデザインが大変人気です。薔薇の花は愛の象徴で、プティットローズはギフトなど贈り物に最適な作品です。

「ロスチャイルドバード」

 名前の由来ですが、1850年にウィーンのロスチャイルド家の依頼により製作された事によりこの「ロスチャイルドバード」という名がつきました。18世紀末ドイツにおいて金融業で成功したロスチャイルド家はヨーロッパで財をなし、英国ではヴィクトリア女王とも親交があったといわれています。ある日女王のお気に入りのネックレスがなくなるハプニングがあり、それは鳥の悪戯だったというエピソードがある隠れた名作です。12種類ほどの絵柄のパターンがあり今でもロスチャイルド家で愛用されているとの事です。
 
 

※HEREND(ヘレンド)の高価買取を致します。詳しくはお問合せ下さい。
高価買取中
買取の流れ
買取ブランド
お申込み