買取ブランド
 
※ その他の作家やブランドについてはお問合せ下さい。

BOSE(ボーズ)について

BOSE(ボーズ)
1964年に創業されたボーズ・コーポレーションは、マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授であるアマー・G・ボーズが、MITのスタッフ達とスピーカーに関する独自の理論を確立して、同大学の研究室内を拠点にBose Corporationが設立されました。音響心理学や音響物理学の研究などを行い、その革新的な技術は家庭用のオーディオ、ホームシアターだけでなく、映画館の音響やカーオーディオなどのプロフェッショナルな現場でも圧倒的なシェアを誇り、高い評価を受けています。1977年にボーズアジアリミテッド日本支社を設置して日本に進出しました。その後1984年には日本法人であるボーズ株式会社(BOSE K.K. )を設立し、今では知らない人の方が少ないのではないかという位に日本でも知名度が高まっています。また近年では臨場感溢れるサウンドとインパクトのある低温だけでなく、騒音の中でも音楽が楽しめるノイズキャンセル機能も高い評価を受けています。今後もライフスタイルの変化に合わせてボーズは研究し、そして私達に喜びと感動を与え続けてくれる事でしょう。
 

「BOSEと音響心理学」

音響心理学とは人間の聴覚に関する学問で、音響学の物理的パラメータに関連した心理学的学問でもあります。 ボーズが設立当社から研究し、オーディオ製品を製造するにあたっての基礎としました。他社のスピーカーは音の聞こえ方でなく、音の作り方だけを測定している事に博士は気が付きました。そしてボーズ博士は大学の講義でこう述べています。「エンジニアを部屋に入れてひずみを低減する仕事を与えたら、彼らは何年でも喜んでその仕事をするだろう。しかしここに、根本的な問題がある。この事は知覚に関して何かを意味しているだろうか?ひずみを計測器で見る事は出来るが、おそらく耳には聴こえないものだ。つまり、もし聴こえないものなら、特定の工学目標を達成する以外に、何か価値のある事をしているのだろうか?」こうしてBOSEの音響システムの歴史は始まったとされています。

「BOSEとカーオーディオ」

またカーオーディオの分野として世界中でBOSEの音響技術が採用されているます。これは高級車用や追加オプションとして車種ごとに専用設計されていてます。 採用している自動車メーカーはメルセデス・ベンツ、アウディ、ポルシェ、GM、フェラーリ、アルファロメオ、マセラティ、ルノーなどが純正を採用しています。また 日本の自動車メーカーでマツダ、ホンダ、日産などに採用されている車種などがあります。ドイツと日本には、車載用専用設計オーディオシステムを専業とする「ボーズ・オートモーティブ」が別会社としてあります。

「BOSEと空間」

BOSEの音響システムは様々な空間で活躍をしています。家や店舗などの中小規模の空間や、映画館やアリーナホール、スポーツなどが行われるスタジアムなどの大規模な空間でもその実力を発揮します。優れた音響システムを最大限に発揮するには建物の広さや壁、屋外なのか野外なのかも計算に入れなければなりません。施工後に初めて音響の問題点が発覚する事があり、施工中に事前確認が出来るサウンドデザインツール「Auditioner(オーディショナー)」や、映画館用音響システム「ボーズ・プレミエ・シアター・サウンドシステム」の開発により音響のワイドレンジ化、館内の音場の均一化、伝送ロスの解消しなど、最上のサウンドを提供してくれます。
 
 
 

※BOSE(ボーズ)の高価買取を致します。詳しくはお問合せ下さい。
高価買取中
買取の流れ
買取ブランド
お申込み