買取ブランド
 
※ その他の作家やブランドについてはお問合せ下さい。

Berndt Friberg(ベルトン・フリーベリ)について

Berndt Friberg(ベルトン・フリーベリ)
1899年にスウェーデンのHOGANAS(ホガナス)に陶芸一家の元に生まれました。13歳の頃からHOGANAS窯で作陶助手としてキャリアをスタートし、工芸学校に通いながら技術を身につけてきました。その後デンマーク国内外などの窯渡り歩き下積みを重ね、1934年に Gustavsberg(グスタフスベリ)に入社しました。当時のアートディレクターであったWilhelm Kage(ヴィルヘルム・コーゲ)に師事し芸術を学んだフリーベリは、その後Gustavsberg内に自身の工房を設立し、轆轤工に任せず自ら轆轤を回し釉薬の研究を重ねて、その生涯を閉じるまで制作活動に没頭して多くの素晴らしい作品を残してきました。
 
フリーベリの作品は日本や中国などの東洋の影響を受けていて、美しい釉薬と洗練されたフォルムがとても印象的で、その仕上がりはまるで宝石の様だと言われています。特に指先にも乗るような繊細なミニチュア作品はまさに芸術品です。彼の作品はスウェーデン国立博物館やニューヨークメトロポリタン美術館、デンマーク博物館やコペンハーゲン装飾工芸館など世界各国の美術館にコレクションされています。また名誉ある賞も多く受賞していて、1947年、1951年、1954年にミラノトリエンナーレにて金賞を受賞しています。世界中にBerndt Friberg(ベルトン・フリーベリ)ファンが多く存在し、今なお高い人気を誇ります。
 
 
※Berndt Friberg(ベルトン・フリーベリ)の高価買取を致します。詳しくはお問合せ下さい。
高価買取中
買取の流れ
買取ブランド
お申込み